目次に戻ります。  1ページ前に戻ります。

   
 


「ロンダの妄想茶道具小品展」
9月11日(土)~9月25日(土)

おこがましくも生意気にも「ロンダの妄想茶道具展」、今年もやってしまいました。
細かいことは言いっこなしで、あったらいいなを叶えてしまおうという
我儘なお茶の道具展。
テーマはカッコよくて可愛くてこの世にひとつしかないとっておき、
いや本当に我儘なんです。
中島完さんの茶道具にあわせてもよし、
ゆるい気分で楽しんで頂けたら幸いです。

参加作家

天野ミサ(彫金)
大桃沙織(金工)
伯兆(蒔絵)
山本景子(木工)


天野ミサさんの茶道具

しなやかな生き物「猫」を題材にした銀製(silver950)の茶杓。
長いしっぽやぐんと伸ばした手で抹茶を掬う様子を想像するだけで
楽しい茶杓を作ってくださいました。





大桃沙織さんの茶道具

中近東のアラベスクやイスラム文様を思わせる大桃さんの作品は
古典的な茶道具に新しいスパイスとして刺激を与えてくれます。
経年変化や使用感で味わいを増していく銅や真鍮などの金属は
長く愛用して育てていく茶道具にぴったりな素材です。







茶巾筒 真鍮打ち出し
内径33×h58mm
20,900円(税込)





真鍮×銅の組合せ。ピルケースやジュエリーケースにしても素敵です。

茶巾箱B
37×55×h25mm
6,050円(税込)

  茶巾箱C
37×55×h25mm
6,050円(税込)




茶杓A
16×L124mm
4,400円(税込)

  茶杓B
11×L133mm
4,400円(税込)



伯兆さんの棗と茶杓

伝統工芸品である蒔絵も伯兆さんの手にかかるとこんなに可愛い作品に。
細やかな手仕事から生まれた棗は宝物と言っても過言ではありません。
蒔絵の棗は掌に収まる小宇宙、ずっと眺めていたくなります。




縁起物と言われるカエルの小棗。
卵から孵ったオタマジャクシやカエルたちが小棗の池を
生き生きと泳いでいます。

小棗「カエルの親子」
木地/梅、桐箱入
82,500円(税込)





蜘蛛が作った糸はやがて瓔珞となり棗を荘厳します。

二寸棗「蜘蛛」
山中塗、真塗、桐箱入
71,500円(税込)


季節や趣向に合わせて茶杓を着替えるのも粋な遊び心ですね。



茶杓「柳とカエル」
輪島塗、桐箱入り
10×L180mm
11,550円(税込)




茶杓「ひょうたん」
輪島塗、桐箱入り
10×L180mm
9,900円(税込)




茶杓「月と兎」
輪島塗、桐箱入り
10×L180mm
10,200円(税込)



茶杓「浮かれドクロ」
輪島塗、桐箱入り
10×L180mm
11,550円(税込)




茶杓「水草」
輪島塗、桐箱入り
10×L180mm
10,200円(税込)




茶杓「粉雪」
売約済


山本景子さんの箱や敷板

中島完さんの茶道具と山本景子さんの漆作品の相性は抜群で、
今回は中島さんの茶箱展に合わせて円筒の箱を作って頂きました。
山本さんの作品はどれも個性のある表情をしていますが、
合わせる道具を引き立たせてくれる包容力があります。
個性的なのに包容力がある、意外性があって面白いでしょ。





盆略のお盆がわりに。板の上に道具を並べてディスプレイしても素敵です。



板皿E
230×370×h15mm
27,500円(税込)




板皿F
240×417×h10mm
24,200円(税込)




板皿G
240×480×h10mm
29,700円(税込)





丸盆L
売約済




丸板皿M
径280×h20mm
23,100円(税込み)




丸盆N
径240×h20mm
20,900円(税込)




ロンダではお馴染みの山本さんの茶筅筒。
ボディは和紙から麻布になり、さらに丈夫になりました。

茶筅筒I
内径27×h90mm
3,300円(税込)

  茶筅筒J
内径30×h91mm
3,410円(税込)




茶筅筒L
内径27×h90mm
3,300円(税込)


ご注文後に「買い物カゴ」の中を確認してください。