ラ・ロンダジルのこと 目次に戻ります。 


起き抜けの水を飲むグラス、得意料理を盛り付ける皿、トレイに置いたマグ、
枝や草花をいけた花瓶、果物を盛るカゴに弁当を包む布。

ここに並ぶ様々なものはすべて人の手から生まれた手仕事のもの。
大量生産されたもののようにどれを取っても同じというわけにはいきません。
微妙な形の違いや釉薬の掛かり具合、器に浮かんだ鉄粉や御本手、
手仕事のものは一つとして同じものはなく各々が個性を持っていて
一目惚れや一期一会という言葉さながら
こちらをじっと見つめているものもあれば、
チャーミングな視線を送るものもあり、
ここから旅立つ時を静かに待っています。

扱うのはものですが、
5年10年それ以上に長く使ってすっかり馴染んだものになり
使う方の生活の一部になれたらと思いをこめて、
日々の暮らしに寄り添い、心を豊かにしてくれる器や道具、
その他暮らしにまつわる様々な手工芸品をご紹介しています。

商品の通信販売や地方発送、ご購入いただいた商品の修繕、
大切な方への贈り物や御引き出物のご相談も承っております。
どうぞお気軽にお問合せください。



1Fはギャラリースペース、毎月1〜2回展示会を催しています。
※展示会のない時は常設ショップになります。








賑やかな神楽坂通りから1本脇道に入ると
八百屋さん豆腐屋さんに銭湯と生活感あふれる路地につながります。
別の路地をあがっていくと花街らしく芸鼓さんの三味線が聞こえ、
お向かいさんは外国人が営むバーだったり。

古くて新しいこんな町にロンダがあったらオモシロそう。
2004年11月、
そんな思いつきからこの町で暮らしお店を開きました。


店の場所は毘沙門さんの脇の路地から、
古い牛込神楽坂の商店街へ抜ける道をゆるゆるのぼる道すがら。
大きな楕円の窓が目印です。
お散歩ついでにお立ち寄りください。




ここから地階に下ります。
B1Fは常設ショップ、現在約50名の作家の器や雑貨をご紹介しています。








〒162-0827 東京都新宿区若宮町11 麻耶ビル1F Tel&Fax 03-3260-6801

※当店は2014年10月に袋町の古家から移転しました。

日・月定休 営業時間 11:30〜18:30(祝日営業は18時まで)
※展覧会開催中はこの限りではありません。


お問合せはこちらへお願いします。