目次に戻ります。  1ページ前に戻ります。


  

この展示会は終了しました。




今から少し前、2011年に初めて竹中悠記さんの展示会を
ご紹介させて頂いた時の主たる作品は小皿と豆皿、
そしてフロストの花器とオブジェ、グラスだけでした。

それから4度目の今展ではデザインもアイテムも
様々な作品が色彩豊かに並び、作家として充実した
過程を歩んでいること、そしてその中に小さなフロストの花器が
今も涼やかな顔をして並んでいることをとても好ましくて頼もしく感じました。

そうそう彼女は展示会の打合せ、例えばテーマやコンセプト作り、
リクエストを聞く等は一切しないタイプ。
それはどこのギャラリーやイベントでも同じだそうで、
いつもフラットにその時に作りたいものを作る、
そういうスタンスでいるとのこと。
いろんなタイプの作り手がいて取り組み方はそれぞれ
あると思いますが、竹中さんは今作りたいものがある、
そしてどんどん手が動いていく。
それって乗ってるってことですよね。

さて「竹中悠記ガラス展」は明日最終日です。
最終日は18時にて閉店いたしますので
ご来店の際はお気を付けくださいませ。

















菱皿(大)
175×130×h20mm 
菱皿(小) ※ラベンダー、在庫あり
150×80×h18mm





中皿 花角



カラフルな中にあっては逆に存在感を放ちます。
シンプルなガラスの花器。





ガラスの塊?こちらも花器、ペーパーウェイトにしても。

パートドヴェールの花器 ※在庫あり





もう少し時間を遡れれば果物をふんだんに使った目にもご馳走なかき氷、
食べたかった。
善哉に白玉、葛切、アイスクリーム、フルーツのコンポート、
果物や野菜の冷たいスープも捨て難い。
妄想は続く....。

デザートグラス ※在庫あり 赤のみsoldout
⌀135×h75mm



密かに人気のランプシェード
竹中さんのご自宅にひとつ吊るされていたのが印象的でした。



新作ランプシェードは愛らしい花のモチーフ。







ランプシェード ※一番下のランプシェードのみ在庫あり
⌀220×h50mm 電球口径E17対応





チョコレート一粒分の小さな小々皿。



新作 浅角鉢 ※在庫あり 中央の黄色はsoldout
⌀144×h33mm

パートドヴェールという技法で作る竹中悠記さんの器は
器の外側に凸凹とした模様が入っており、表面はつるっとしています。







定番のボウルが親子になりました、色違いを組合せても可愛いですね。

ボウル ※在庫あり
大 ⌀143×h43mm
小 ⌀110×h30mm



人気の皿は上のデザインの茶と青(↓)。



中皿 丸
⌀155×h22mm



10月6日(土)より13日(土)まで「竹中悠記 ガラス展」をご紹介しています。

石膏型にガラスを敷き詰めて焼成するパートドヴェールという技法を用い
小さな豆皿から始まった竹中さんの作品。
今では様々なサイズ、デザインに広がり、私たちを楽しませてくれています。
今展では新作をはじめとしてプレートやボウル、ランプシェードなど
の作品をご紹介いたします。
特に今回は竹中さんの通常の展示会の倍近い(!)作品点数を
頑張って作ってきてくれました。
普段常設ではなかなかご紹介できない竹中さんのガラスの器たち、
ご興味ございましたらぜひ。ご来店をお待ちしております。





シンプルに単色のデザートカップ。



眺めているだけでほっこりした気分になるデザイン。



愛らしい花モチーフのデザート皿。



豆皿いろいろ。



陽に透かしてみると景色が変わる。



ランプシェード。



10月6日(土)から10月13日(土)まで
「竹中悠記 ガラス展」をご紹介しています。
皆様のご来店をお待ちしています。

このページでは開催中の展示会作品のあれこれをご紹介しています。
気になる作品がありましたらお気軽にお問合せください。