目次に戻ります。  1ページ前に戻ります。


「中津箒 横畠梨絵の仕事展展」
2019年4月27日(土)~5月4日(土)





だいぶ色が変わり掃き癖もついた横畠さんの小箒、
使い始めてかれこれ6年ほど経ったものです。
今展で並んだ新しい箒と比べると形も若干変わったのは
作り続けているなかで使い易くより良いと思う方へと日々変わっているから。
使い馴染んできた箒、飴色になるまで使うのが目標です。





窓の桟や棚の上、ちょっとしたところを掃除するのに便利な小箒。
店でも展示棚などをささっと掃くのに重宝しています。

ななめ小箒 30cm 8,000円(税抜)、20cm 4,500円(税抜)



こちらすべて洋服箒です。

新型ミニ洋服箒 3,500円(税抜)
洋服箒 6,000円(税抜)
洋服箒 特 10,000円(税抜)







コーヒー豆を挽いた後のミルの掃除に便利な珈琲ミル箒。
細かなくずもすっきりと掃除できます。
意外と知られていない箒の水洗い、
汚れた箒の穂先は水洗いして陰干ししてください。
衛生的にお使い頂けます。

珈琲ミル箒はパソコンのキーボードなど小さな部分の掃除にも役立ちます。

珈琲ミル箒 1,800円(税抜)

さて明日3日(金)は箒職人横畠さんが在廊いたします。
お時間ございましたら、ぜひに。



5月1日。令和時代の幕が開けましたね。
ぐずついた空は午前中一瞬ですが青空が見えました。

さて本日のご紹介は長柄箒です。
床との接地面が広く大きく掃けること、
スイスイと腰を屈めずに掃けるので体への負担が少ないこと。
長柄箒は大きいですが、お年寄りやお子様でも
両手で柄をしっかり握れることで意外に使い易いものです。

よく見るとそれぞれホウキモロコシの編み方がデザイン的なことに気付きます。
「アズマ型」「メガネ型」「くし型」。
デザインが異なることで軽さも変わりますから、
デザインで選ぶか軽さで選ぶか悩ましいところです。
いつか箒を迎えたいなとお考え中の方、今展は4日まで開催しております。
ぜひ直にお試しくださいませ。



長柄箒 アズマ型9つ玉 19,000円(税抜)



長柄箒 メガネ型 19,000円(税抜)





長柄箒 くし型9つ玉 19,000円(税抜)





柄までホウキモロコシで出来ています。

トモエ箒 11,000円(税抜)





寄木細工るちゑさんのチリトリ、新しいモチーフは「杉綾」。
寄木を薄紙のように削ったものをズクといい、チリトリはそのズクを使っています。

チリトリ(杉綾) 7,000円(税抜)、その他の柄 6,000円(税抜)



左は軽量手箒、右は従来の手箒。
よりコンパクトで軽い箒をお求めの方は軽量タイプで。

手箒 11,000円(税抜)
軽量手箒 9,500円(税抜)



写真はコンクリート床ですが...。
昔は箒の使い始めは畳の間から。使ううちに柔らかい箒の先が短くなり
板の間から土間、そして最後は庭先用におろしていったそうです。
箒をまとめている糸は飾りと思っていましたが、短くなっていく箒に従い
下から糸を解いて使うためのものだそう。
素材を無駄にせず使いきる工夫、箒はサスティナブル。



便利に使えて個人的に箒の中でもお勧めのスス払い箒。



こんなところ。
エアコンやキャビネットの上、なぜそこに?という天井の蜘蛛の巣も
これでささっとひと掃き。



あんなところ。
掃除機が届かない家具の隙間、冷蔵庫や洗濯機のコンセント周り。
意外と痒い所に手が届く箒。
ぜひ皆さまにも使ってみてもらいたい。

スス払い箒 3,000円(税抜)



平成から令和へと引継ぎがなされる節目。
10連休ということで国内外問わず旅行に出掛ける方も多いかと思いますが、
のんびり自宅で過ごす方もいらっしゃるのでは。

1Fギャラリーではゴールデンウィークのあいだ「中津箒 横畠梨絵の仕事展」
をご紹介しています。
自分たちの手で有機栽培にこだわった手作業による箒作り、
今展はその職人の一人横畠梨絵さんの箒を展示販売いたします。

長い連休のひととき、身の回りの掃除や整理整頓をして過ごし
すっきりした気分で連休後の日常に戻るのも良いアイディア。

初日の本日は横畠さんが少しの時間ですが在廊しております。
皆様のご来店をお待ちしております。



コンパクトながら使われているホウキモロコシのボリュームがあり
使い勝手の良い手箒。
中津箒と同じ神奈川県で作られている箱根寄木細工るちゑさんの
寄木のチリトリを合わせて。



意外な形も使ってみるととても便利なスス払い箒。
お勧めです。