目次に戻ります。  1ページ前に戻ります。


「ますみえりこ 草の糸展」
2019年6月22日(土)~6月29日(土)





写真のバッグは実はますみさんが会期中に「!」と思い付き、
当初のものからショルダーの部分を作りかえた作品です。
シンプルで小ぶりながらからむしの素材感がぎゅっと詰まった
素敵なバッグになりました。

財布と携帯電話、ハンカチくらいの容量の小さなバッグ。
バッグというよりアクセサリー感覚、
装身具にしてみたいと仰ってました。

からむしの合間に織り込んだのは手紡ぎの綿、
からむしの紐の調節はおくさなび。

soldout
ポシェット 17,000円(税込)






素っ気ないほどシンプルな縦長のポシェットに藍染の糸を一筋だけ。
紐の部分は麻。


ポシェット 17,000円(税込)





糸績みからすべて自らの手で。
だから布の端切れですら愛おしく、無駄にできないというますみさん。
そんな布への愛情から生まれたオブジェは掌に収まるほどの小ささですが
何やら布が語りかけてくるような、そんな存在感を感じます。

布のカケラ 4,000円(税抜)
 



三角錐のなかには小さな鈴、チリンチリン。
テトラ 3,000円(税抜)






草そのもの、自然なままの色のからむしのバッグ。
縞のようにみえる部分も個々の草がもつ自然が作り出したものです。
持ち手の部分もリネン糸を使ってますみさんが手織りした布で
フランスのアンティークを意識した、キッチンクロスのような縞々模様。
からむしのバッグは使い馴染むと柔らかくふんわりした風合いに変わっていきます。


からむしバッグ 小 34,000円(税抜)
260×300mm 持ち手の長さ325mm





soldout
からむしバッグ 小 34,000円(税抜)

240×325mm 持ち手の長さ330mm





からむしバッグ 小 34,000円(税抜)
270×320mm 持ち手の長さ325mm





柿渋染めの持ち手にはチクチクのからむしのアクセント。
soldout
からむしバッグ 小 34,000円(税抜)

340×220mm 持ち手の長さ320mm





からむしバッグ 大 38,000円(税抜)
280×280mm 持ち手の長さ300mm





かやバッグ  13,000円(税抜)
約210×150mm 持ち手の長さ250mm





おさんぽバッグ  17,000円(税抜)
約205×150mm 持ち手の長さ250mm





長布を2枚繋いだだけのもの。
気配だけ感じられるように曖昧に空間を仕切るからむしの布。





「浮遊」
オブジェとして壁に掛けたり、アクセサリーとして首に掛けたり。
小さな袋の中には好みのアロマの香りを忍ばせても。




6月22日(土)~29日(土)まで、「ますみえりこ 草の糸展」をご紹介しています。

5年ぶりになります今展では、苧のバッグを中心に小物や
「浮遊」「おくさなび」という名のアクセサリーをご覧頂きます。



草の糸とはイラクサ科の多年草、苧(からむし)で績んだ糸のこと。
苧の茎から糸の繊維を採取し糸績みをし布を織る、
ますみさんは作品になるまでのすべての作業を一人で行っている作り手です。
(苧は近江上布、越後上布など高級な麻織物として知られています。)

イメージする布に合わせ自ら糸を績み、布を織りあげていく。
手仕事だからこそ糸や布に表情や温もりが生まれます。



カードケースなどの小物やアクセサリーもご紹介しています。



「浮遊 みたましずめver」