目次に戻ります。  1ページ前に戻ります。


加藤キナ個展 「夜の森」
2019年11月23日(土)~30日(土)





明日が最終日というところで追加の納品です。
宮澤賢治の「なめとこ山の熊」のお話に登場する熊の親子を題材に、
やんちゃそうな子グマと少し困ったような表情の母グマのやり取りが
優しくて可愛いです。
月の環は熊の巣穴に見立てています。

鹿角細工三つ折り長財布「月夜のクマ」

さて明日最終日、18時閉店になりますのでよろしくお願いいたします。




会期は残すところ3日間になりました。
バッグと財布は展示会テーマカラー「夜の森」4色の中から選ぶ
受注制作を承っています。
※すべて手縫いで制作しています。納品まで3ヶ月~半年程お待ち頂きます。

「真夜中」黒
「夜の土」チョコ
「夜の帳」青緑
「夜のはじまり」葡萄








鹿革モザイクラウンドファスナー長財布/写真は「夜の帳」
内装(札入2ヶ、マグネット付小銭入れ1ヶ、カード入れ10枚)
215×95×25mm




鹿革ラウンドファスナー長財布/写真は「夜の土」
内装(札入2ヶ、マグネット付小銭入れ1ヶ、カード入れ10枚)※上と同様
215×95×25mm






鹿革モザイク三つ折り長財布/写真は「真夜中」と「夜のはじまり」
内装(札入2ヶ、マグネット付小銭入れ1ヶ、カード入れ10枚)※上と同様
205×95×35mm




鹿革薄型スクエア長財布/写真は「真夜中」
内装(札入2ヶ、カード入れ8枚)
185×90×10mm



鹿革モザイクコインケース/写真は「夜の土」
95×65×25mm


鹿革ノーマルコインケース/写真は「夜の土」
75×75×20mm




コインケースの内装は2つとも同様。




キノコも落葉も鹿革で出来ていると説明すると大概の人は驚きます。
作り手が編み出した独自の手法、キャンドルレザーのオブジェ。




トモシビダケのオブジェは昼の光を畜光し暗闇で発光します。
仄かな薄明りはまるで物語の世界。



立派な角、鹿角細工の材料に。





冬虫夏草は昆虫に寄生し、その養分を餌に繁殖するキノコ。
蝉は鹿角細工、キノコは鹿革。




蠢く姿がリアルな鹿角細工の蝸牛。
製作に向けて飼育しながら観察したそうですが
作品完成とともに自然に離してあげたとか。








キャンドルレザーの紫陽花、と蝸牛。
植物はすべて分解して観察する、研究熱心な二人の作品。
動植物や昆虫が題材の作品は甘くなりがちですが
二人の作品は忠実にリアル、さらに物語性が加味される構成で
独特な世界をお持ちです。




コロンとした丸みのあるデザインのかごバッグは
上品な雰囲気でお着物にも似合います。
バッグや財布はすべて手縫いで丁寧に仕立てています。






鹿革モザイクかごバッグ
「夜の帳 (青緑色)」「夜のはじまり (葡萄色)」



お問合せを頂きましたのでかごバッグの詳細です。
バッグには目隠し布が付いています、内部脇にファスナーがあり
長財布など収納できます。目隠ししたまま出し入れができ大変便利です。



ファスナー付きポケットの反対側にもポケット2ヶ所あり。
目隠しで隠れます。



かごバッグを横から見た写真。
340×320×70mm/ハンドル200mm
手持ち、肘掛け。肩掛け用ではありません。

※「真夜中 (黒)」「夜の土 (茶)」もオーダーでお作りできます。




財布と携帯、化粧ポーチくらい。身軽なお散歩にぴったりのポシェット。





鹿革モザイクポシェット
「夜の帳 (青緑色)」「夜のはじまり (葡萄色)」

※「真夜中 (黒)」「夜の土 (茶)」もオーダーでお作りできます。




仕事にもお使い頂けるショルダーバッグ。
重い荷物も入り、底には鋲が施されているしっかりした作り。








鹿革モザイクショルダー
「真夜中 (黒)」「夜の土 (茶)」

内装にポケット2ヶ。     
380×210×130mm/ショルダー調節のアジャスター付き
ファスナーの環は水牛、または鹿角
肩掛け、斜め掛けもできます。

※「夜の帳 (青緑色)」「夜のはじまり (葡萄色)」もオーダーでお作りできます。




A4の本や書類が入るビジネスにもお勧めの洗練したトートバッグは
鹿一頭分の革を使用した贅沢な作り。
鹿はとても柔らかく軽いので大きなバッグでも軽やかです。

男性にもご使用頂けるよう少し幅広のフラットな持ち手がついています。
ご希望により丸みのある持ち手への変更も承りますので
お気軽にご相談ください。




鹿革モザイクA4トートバッグ
「夜の土 (茶)」

※「真夜中 (黒)」「夜の帳 (青緑色)」「夜のはじまり (葡萄色)」お作りできます。




ロンダでは初めての加藤キナさんの展示会をご紹介しています。
ご夫婦で作品作りをしている加藤キナさん、
バッグや財布は共同でキャンドルレザーは奥様、鹿角細工はご主人が担当し
作品作りをしています。
使用しているのは野生の鹿革。野生だから傷があったり個々に個性がある革を
想像力をふくらませ魅力ある作品に作り上げています。
薄くて柔らかくとても軽いので手触りがとても気持ちのいい鹿革を
すべて手縫いでバッグや財布に丁寧に仕立てています。
キナさん定番のバッグや財布は今回この展示会に合わせて
オリジナルで染められた4色の革を使用しています。
その名前も美しく「真夜中」「夜の土」「夜の帳」「夜のはじまり」、
夜にまつわる名前のついたシックな大人色、ぜひご覧くださいませ。

今展では夜の森4色から革と形を選んで頂きオーダーを承っております。
※鹿角の根付がついた財布のオーダーはお受けしていません。
納品まで3~6ヶ月程頂戴いたします。






鹿角細工三つ折長財布「月夜のみみずく」





鹿角細工三つ折長財布「クモの行進」





鹿角細工ラウンドモザイク「つきもちコウモリ」





夜の森の暗闇の中で光るキノコをリクエストしました。
トモシビタケとハナオチバタケ、映像でしか見たことはありませんが
地上の天の川にように青白く光るそう。
このキノコたちも蓄光して暗い場所で発光するそうです!








あいにく雨の初日になりましたが鹿角の蝸牛がお出迎えいたします。
蝸牛はぜんぶで7匹。
いろんな所にいますのでぜひ探してみてくださいね。