目次に戻ります。  1ページ前に戻ります。

 
 



展示会では布製バッグもご紹介しています。
バッグの外側にポケットが貼りついた「外ポケトート」は
垂れ耳のワンちゃんかヨチヨチ歩きのペンギンみたいなユーモラスなフォルム。

ポケットの出し入れはバッグの中からになりますが、
内側にポケットを折り込むと外からの出し入れができるように。
フォルム自身も変身するユニークなトートバッグです。



外ポケトート・小 11,000円(税抜)



「外ポケトート」には会津木綿や保多織を使用したものも。

外ポケトート+会津木綿 12,000円(税抜)
保多織の外ポケトート 14,000円(税抜)





「外ポケショルダー」は肩掛けのほか斜め掛けもできます。
外ポケはバッグの両サイドについていますが、身体にあたるほうのポケットを
折込んで、バッグの中から出し入れできるようにすると便利です。

男性用にショルダーを長めに仕立てるなどのご注文も承ります。



外ポケショルダー 15,000円(税抜)
外ポケショルダー+会津木綿 16,000円(税抜)





巾着バッグをがま口でアレンジした「がま口のトート」。
バッグinバッグに見えて実は一体化、面白い発想ですよね。



がま口のトート 34,000円(税抜)
がま口のトート・小 32,000円(税抜)





ころんとした丸いフォルムが可愛らしい「がま口ハンドバッグ」。
黒や茶の革なら着物をお召しの時や、冠婚葬祭にも。

がま口ハンドバッグ 26,000円(税抜)



小ぶりなバッグですので、お財布はミニタイプがお勧めです。
長財布なら縦方向に入れた後に中で横向きに。
残念ながら厚みのある大きい長財布は入りません。

このサイズ感が可愛いのですが、もっと大きいのが欲しいという声も多く
頂いておりまして、今後大きめのハンドバッグが登場する予定です。
いつ頃になるのかなぁ、楽しみに待ちたいです。





子どもの頃から紙を折ったり曲げたりしながら面白いものを作る工作が
好きだったそう。今彼女が作るものもその工作の延長線上にあるもの。
無駄や遊びを削ぎ落したミニマムな物つくりが多い今の時代のなか、
あえて面白い遊びのある形を模索しています。

この財布にもそんな模索の中から生まれたもの。
横に張り出したボディ、沢山の仕切りで大容量のボリューム、
聞いたところによると、この財布に携帯電話まで入れているお客様も
いらっしゃるとか!(※検証したところ、スマホ入りました~。)

財布long 24,000円(税抜)



下の財布は1年ほど使用したもの。
上の財布とまったく同じ革ですが、使ううちに光沢と艶が出てきます。



左が使用見本、右が未使用品。
こんな風に経年変化とボリューム感も変わります。



「kumono」としてスタートした頃から作り続けている「がま口ショルダー」。

「kumono」を知るきっかけは
大阪でギャラリーを営むご夫妻が身に着けていたこのバッグ。
車掌鞄のような風情だけど、ごつくなく丸みが優しい感じがすごくおしゃれで
聞いてみたら、彼らのギャラリー近くで1人でバッグを作っているという。
その後ギャラリーの奥様とkumonoさんが一緒に来訪してくれ
縁を繋いでくれました。naraさん、ありがとうございました。



がま口ショルダー 42,000円(税抜)



使用して5年が経過したkumonoさんのサンプルバッグ。
革はくったりと柔らかく、光沢が出ています。
幅広のショルダーベルトは表が革、裏はすべり留めの布に。



1Fギャラリーでは18日(土)より「kumono がま口バッグ展」を催しております。

大阪で革と布を使った鞄づくりをしているkumonoさんは、
クラッチバッグ、ショルダーバッグ、ハンドバッグにポーチに至るまでがま口を使い
様々なものを作っていますが、がま口以外にもデザインや形状に特徴がある
バッグや財布も作っています。
今展は常設ではご紹介したことのないバッグや新作バッグをご紹介いたします。

東京での展示会は初めてとなるkumono展、
ご興味ございましたらぜひお立ち寄りくださいませ。





がま口の他にも、ポーチやカードケース、長財布などもございます。
長財布は革を折り畳んだような形状で収納力は抜群です。



こちらもまた形状に特徴がある外ポケトートバッグ、
コットンのほか会津木綿や保多織物を使用したものもございます。
このバッグ、面白い使い方ができるのです。



3月18日(土)から3月25日(土)までkumono がま口バッグ展
ご紹介しています。
皆様のご来店をお待ちしています。

このページでは開催中の展示会作品のあれこれをご紹介しています。
気になる作品がありましたらお気軽にお問合せください。