1ページ前に戻ります。

ガラス作家、橋村野美知さん。 通信販売のご案内へ。
橋村野美知さんの別の作品を見る。
 ご注文の前にお読みください。
小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。
小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。

橋村野美知さんの「掛花入」をご紹介します。

こちらは「掛花入 小」です。

野美知さんのガラスは何色ともつかない色彩と
ポエティックで抽象的、独特な世界観を感じます。

野美知さんの色の表現方法は
ご本人いわく発掘のようなものだそう。
いくつもの色ガラスを重ねたところで
宝物を探すかのように重ねた色を削り落とす、
まるで発掘のような作業。
その宝物となる色に探しあたるまで、
ここで手を止めようか先まで進んでみようか、
いつも考えているそう。

実は野美知さんの作品、ガラスを吹く大部分は
ご主人の橋村大作さんが手掛けています。
作りたい作品のデッサンをご主人に伝え、
最終的な色付けを野美知さんが行うという
息の合ったご夫婦ならではの作業です。

作品を十分楽しむには全方位から眺めましょう。
器の底を覗いたり陽にかざしてみたり、そこから
思わぬ風景を感じられることでしょう。
色の表現にこだわった野美知さんのガラス作品、
手に取ってぜひご覧ください。



掛花入 小

商品No:NH01-0010
価格:7,000円(税抜)
size:径9.0×厚さ2.8.cm
    開口部:縦1.0×横1.8cm
小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。
小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。

橋村野美知さんのの掛花入は
小と大の2サイズをご用意しています。

こちらは「掛花入 大A」です。

ガラスの掛花入れというと重たいものと
思われる方が多いかもしれません。
実はこの掛花入れはとても軽量ですので
小さな釘で壁に掛けることができます。

ポイントは壁の釘を打ちたい場所に対して
やや上から斜めに釘を打つことです。
掛花入れの背面にある穴に引掛けやすく
より外れにくくなります。

詳細画像をご覧いただきますと左1枚め2枚め、
左3枚めと4枚目で印象が変わって見えます。
これは同じ作品を白壁に掛けた状態と
陽にかざした状態で撮影したものですが
前出の通り、野美知さんの掛花入れは軽量なので
壁に固定せずワイヤーなどで吊るすと
よりガラスの色の表情が楽しめます。


soldout

掛花入 大A

商品No:NH01-0011
価格:12,000円(税抜)
size:径12.5×厚さ4.0.cm
    開口部:縦1.2×横2.0cm


小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。
小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。

野美知さんの「掛花入 大B」です。

可憐な野の花を生けてもいいし、
草花を生けなくてもガラスの表情を愛でるのも
いいですね。
色合いの異なるもの、またはサイズ違いを
オブジェのように並べてみたり
様々な楽しみ方ができそうです。

この「掛花入れ 大B」はピンクがかった表情の
裏に淡い黄色が潜んでいました。
ぜひお気に入りを探してください。


作品はすべて1点ものになります。

soldout

掛花入 大B

商品No:NH01-0012
価格:12,000円(税抜)
size:径12.3×厚さ3.8cm
    開口部:縦1.2×横1.8cm
ご注文後に必ず
「カゴの中」をご確認ください。