1ページ前に戻ります。

漆作家、鎌田克慈さん。 通信販売のご案内へ。
鎌田克慈さんの別の作品を見る。
小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。
小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。


鎌田克慈さんの「オーバル皿」をご紹介します。

ロンダジルで初めて漆の器を取り扱わせて頂いたのは
鎌田さんの作品からでした。
年季が明け独立されたばかりの鎌田さんが
大きな風呂敷包みを背負ってやって来て、
「使ってみてください。」と
ご自分の漆の器をくださったのが始まり。
その時くださったのは溜の大皿(!)で
今は我が家でも出番の多い器の一つに。
それまで漆は扱い方もよく分からず高価と思い込んで
手を出せずにいたので
店主にとっても初めての漆器になったのでした。

鎌田さんの漆の特徴は「乾漆」(かんしつ)という器の作り方。
一般的に漆器の土台には木地を使用するのですが
「乾漆」では土台に麻布を使い、
麻布を数層に重ね漆で塗り固めて器の形を成形し
高台部分にだけ木の輪を使います(詳細画像右端)。

乾漆の器の良さは丈夫さもあげられます。
もともと柔軟性のある布を使っているので
少々のことでは傷がつきにくく、割れや欠けがありません。
もちろん塗り直しなどの修理をお受けできること、
また器の軽さもお勧めのポイントです。
ちなみにこのオーバルも約100gととても軽量です。

さてこのオーバル皿、
元々は年配の女性作家さんが昔作った器の型を譲り受けて
鎌田さんが作り上げた器です。
この楕円の柔らかい縁のラインも
丸みのある形もどこか懐かしさを感じさせながらもモダンな器。
個人的にも気に入っていて、自宅では溜を使っています。
もちろんカレーライスやパスタ、肉料理など
油を使う料理でも気にせずどんどん使っていますよ。

丈夫で軽く、普段使いにちょうどいい。
漆が初めてという方にもぜひお勧めしたい器です。
扱いが心配という方も安心してお使いください。
普通の器と同じで大丈夫です。
中性洗剤を使い、
柔らかなスポンジでやさしく洗ってください。
洗い終わった後は水気をよく拭き取ってからお収まいください。

漆の器は長くご愛用頂きたいものですので
漆の塗り直しなど、お修理も承っております。
オーバル皿 小 黒

商品No:KK02-0015
価格:29,000円(税抜)
size:縦20.5×横24.0×高さ3.0cm
オーバル皿 小 赤

商品No:KK02-0016
価格:29,000円(税抜)
size:縦20.5×横24.0×高さ3.0cm


<お客様へ>

同じ商品で色違いの
「オーバル皿  小 溜」を
ご希望の方は
お電話またはメールで
お問合せくださいませ。
ご注文後に
必ず「カゴの中」をご確認ください。