1ページ前に戻ります。

漆作家、鎌田克慈さん。 通信販売のご案内へ。
鎌田克慈さんの別の作品を見る。
小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。
小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。 小さい画像にマウスを重ねると画像が変わります。

鎌田克慈さんの「汁椀」をご紹介します。

乾漆(かんしつ)という技法で作られる鎌田さんの漆器。
一般的に漆器の土台は木地を使用しますが
乾漆は土台に麻布を使います。
麻布を数層重ね、漆を塗り固めて器の形を成形し
高台の部分にだけ木の輪を使います。

乾漆の器の良さには丈夫さがあげられます。
もともと柔軟性のある布を使用しているので
少々のことでは割れや欠けがありません。

木でできた漆器より乾燥に強いことも良さの一つ、
また軽さも良さの一つです。
ちなみに汁椀の重さは40g、本当に軽いんです。
重い器は苦手という女性に特にお勧めです。


さてもう一つ、漆の色について。
鎌田さんは漆器は黒、赤、溜(ため)の3色。
溜(ため)は赤の漆の上に茶の漆を重ねたもので
使っていくうちに茶が透けて、赤が出てきます。
こんな経年変化も楽しめるのが溜、
もちろん黒や赤も光沢を帯びる変化が楽しめます。

漆が初めてという方にもぜひお勧めしたい器です。
扱いが心配という方も安心してお使いください。
普通の器と同じ扱い方でもちろん大丈夫です。
中性洗剤を使い、柔らかなスポンジでやさしく
洗ってください。
洗い終わった後は水気をよく拭き取りお収まいください。

漆の器は長くご愛用頂きたいものですので
漆の塗り直しなどの修理も承っております。
 

soldout
汁椀 赤

商品No:KK02-0008
価格:12,000円(税抜)
size:径12.0×高さ5.5cm

soldout

汁椀 溜

商品No:KK02-0009
価格:12,000円(税抜)
size:径12.0×高さ5.5cm

<お客様へ>

同じ商品で色違いの
「汁椀 黒」をご希望の方は
お電話またはメールで
お問合せくださいませ。
ご注文後に
「カゴの中」をご確認ください。